chocolate, tablet, to taste-1277002.jpg

新発売のチョコレートby Fazer

フィンランドに住んでいる方なら知っている、チョコレート会社。

ファッツェル Fazer

パンやグミ、などなども販売しているので食品会社になりますね。

そして、カフェ経営もしています。

今日はこちらについて。

ファッツェルFazerについて

Fazer logo 2017.jpg
By Fazer – Fazer.fi, CC BY-SA 4.0, Link

ファッツェル が設立されたのは100年以上前の1891年。

創設者はカール・ファッツェル さん。

当時はフレンチとロシアを組み合わせたお菓子会社として設立されたようです。

現在ではすっかりフィンランドを代表する会社になりました。

その中でも定番で有名なのはファッツェル ・シニネンと呼ばれるミルクチョコレート。

シニネンはブルーという意味で、パッケージもブルーが使われていてシンプルなデザインです。

アマゾンで見てみましたが現在は残念ながら扱いがありませんでした。

普通のチョコレートに比べ、あまり濃厚でないのでパクパクっと食べられてしまいます。

こちらの板チョコは日本の2倍以上のサイズの180gですが、フィンランドの皆さま、油断するとぺろっと一枚食べられるそうです。

『チャーリーとチョコレート工場』を見たことがある方は、ウィリー・ウォンカの板チョコを想像すると、まさにドンピシャです。

Geishaという名のチョコ

そして、名前にインパクト、Geishaというチョコレート。

パッケージは桜の日本をイメージした仕上がりになっています。

中にヘーゼルナッツのフィリングが入っています。

甘みは少し強くなりますが、ナッツの香ばしさが美味です。

フィンランド人にもウケがいいGeisha。

会社に持っていくと、一番になくなるチョコです。

こちらはアマゾンでも購入ができます。

オリジナルはミルクチョコですが、こちらはダークチョコ。

甘さ控えめです。

なぜ、Geishaという名前になったのかは謎ですが、フィンランド人にとっても、これで日本が身近なのではないでしょうか?

最近は差別用語になるとかならないとかで、名前を変更するだの、という論争にもなりました。

今のところは、このまま継続しそうです。

そして、この夏はフィンランド人の愛してやまないグリーンのグミ味が発売されました。

グリーン・マーマレード・グミ Vihreä Kuula

フィンランド人が愛してやまないカルッキと呼ばれるグミ、についてはいずれ紹介することにして、今回はグリーン・マーマレード・グミについて。

Vihreäはグリーン、kuulaがボール、という意味なので、直訳するとグリーンのボールです。

名前の通り、丸いお菓子です。

味はブドウかと思っていたら、なんと洋梨だそう。

丸いグミの周りにシュガーコーティングがしてある、あまーいお菓子です。

こちらのグミは日本のものとは違うので、ゼリー菓子のような感じでしょうか?

真ん中でぱかっと割れるようになっています。

それを大切そうに割って、分けてくれるときのフィンランド人の嬉しそうな顔と言ったら、自分だけの宝物を分けてくれるような誇らしげな顔です。

そこに間髪入れず、外人妻はノー!と言って、旦那はまたしょげる、でも、自分でまるまる一個食べれるから嬉しそう、という構図がよく見られます。

こちらはフィンランドの独立記念日やクリスマスに食べるのが一般的でしょうか?

ちょっとしたお祝いのお菓子です。

そして、グリーン・マーマレード・グミ・チョコレート

こちらのチョコレートは空港でしか売っていないという広告で初めは発見。

今までのところ、スーパーでは見かけたことがありません。

おそらく、ファッツェル のお店に行けば手に入るかと思われます。

ずっと気になってはいたのですが。

先週、エストニアに行った友人が船から買ってきてくれました。

すぐにかじりついてしまったので、原型をとどめた写真は残っていない上にブレブレですね(苦笑)。

個人的には、グミよりもチョコの方が断然好きでした。

グミのケミカルな味がチョコで程よく中和され、ほんのり洋梨味が香るような感じです。

お土産にしてもいいですが、こちらのグリーン・グミをありがたく思っているのはフィンランド人の方々なので、お土産にしたとしても日本人の感動はあまりないと思われます。

味もすごく美味しいわけではないので、サルミアッキの方がインパクトがありますね。

他にもファッツェル は色々な味を出しているので、シーズン毎に楽しめます。

クリスマス時期にはジンジャークッキー味。

これもなかなか美味しいです。

13種類のチョコを出品してる方もいました。

これはかなり割安。

そして、チョコだけではなく、その他のグミやキャンディー、キシリトールのタブレットなど、など、とにかく色々なものを作っています。

その他、ファッツェル のお菓子

せっかくなので、いくつか、Amazonで売っているものを紹介します。

気になる方はお試しください。

まずはキシリトールのタブレット

食後に一粒、口の中を中性に。虫歯予防にも効果あり。

色々味がありますが、ミーちゃんのベリー味をのせました。

その他、スナフキン(洋梨味)、フローレン(ラズベリー)、ムーミン(ベリーと桃ラズベリーのミックス)のデザインが購入できます。

次はこちら知る人ぞ知るサルミアッキ

塩化アンモニウム入りのリコリスです。

世界一不味いグミとして紹介もされています。

まあ、言うほど不味くはありませんが、美味しくもありません。

こちらは可愛いムーミンパッケージのグミ

何種類かの味が混ざったグミです。

そして、デザインのおしゃれなミントチョコキャンディー。

個別包装されていてお土産にも喜ばれます。

色々ありすぎて紹介できませんが、これらの商品全てファッツェル 。

どれだけ色々なものを出している会社かお分かりになったかと思います。

今回はサクッと、フィンランドを代表する食品会社、ファッツェル について紹介しました。

楽しんでいただけたでしょうか?

本日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す